投稿者 ANA 2020年サマーダイヤの国際線路便計画を一部決定 深セン・イスタンブール・ストックホルム新規就航
2019年11月19日 12:56 PM
JB

ANA 全日空は2020年サマーダイヤにおける国際線路便計画の一部を決定いたしました。

2020年3月29日(日)からの羽田空港の昼間時間帯における国際線発着枠拡大に伴い、
ANAは欧米長距離路線を中心に羽田空港から12路線を新規開設するとともに、
ロサンゼルスおよびシドニー路線を増便いたします。豊富な国内線ネットワークと接続することで、
日本全国から渡航されるお客様の利便性をさらに高めてまいります。との事
https://www.ana.co.jp/group/pr/201911/20191119.html

深圳・イスタンブール・ストックホルムは日系航空会社として初就航との事
この3つの就航地を見てピンと来ますね!
深圳は深圳航空のハブ(本拠地) イスタンブールはトルコ航空のハブ ストックホルムは
スカンジナビア航空のハブ いずれもスターアライアンス加盟航空会社の本拠地ハブ空港です。
全日空はこうして相手先の路線を活用する事でロードファクターを維持して成長して来ました。
ウラジオストクやパースなどスタアラのネットワークを活用出来ない路線は
いつもロードファクター苦戦してますね(^^;

添付ファイル:

レス作成



Maximum file size allowed is 9223372036854775807 KB.



ファイル追加